何回通えばいいの?全身脱毛

現在、話題沸騰中の全身脱毛。

 

行きたい人も少なくないのでは。

 

ですがトライした人の書き込みをのぞいてみると「思ったよりも長くかかった…」という意見がちらほら。

 

他には「何回も行かなくちゃいけないの?」といったのも見ることがあります。

 

とはいうものの実は全身脱毛時に不可避なことなのです。

 

毛の仕組みの関係上、1回の施術だけで毛をすっかりきれいにするのは不可能です。

 

ここでは脱毛の完了はどういった理由で1回するだけでは終わることが

 

できないのかまたお店ごとにお店に通う回数に違いがあるのか?などをご説明します。

 

 

毛の周期がキーワード?1度で終わらない脱毛

1度で終了しない脱毛。

 

重要なのが毛の周期です。

 

ほとんどの人はおそらくなじみがないかもしれませんね。

 

私たちに生えている体毛は実は、成長の周期というものがあります。

 

ざっくりと3つに分けて休止期→成長期→退行期と移ります。

 

お休みの時期の体毛は見えないところで奥深いところで毛として伸びるために待っていて成長する時期の毛は

 

必要な養分を吸い上げながらどんどん伸びて退行の時は毛根と毛のつながりが弱まって落ちていきます。

 

脱毛サロンの光レーザーは通常のライトとは変わっていて体毛の黒に反応する特殊なものです。

 

そのため、レーザー照射をすると熱が黒の毛に吸収されて毛の根元まで熱が毛を伝っていきます。

 

毛の根っこに熱が集まって毛を生成している毛根部分にある細胞を破壊してくれます。

 

そのため、毛根部分が体毛を伸長させることが不可能になり体毛の成長が不可能になるのです。

 

さらに注目すべきはこのレーザーは効果は成長期の毛にしかないのです。

 

といいますのも、休止期の体毛は皮膚の深くに合って表には黒い色が出てこないため光を照射しても意味がありません。

 

退行期の体毛は抜毛が始まっていて必要な熱量が毛の根元には伝熱されないためです。

 

体の部位にもよりますが、成長期の毛は全身の30パーセントといわれています。

 

そのため、全身脱毛で当てられるひかりは全ての体毛に効果が表れるというわけではなく、

 

光が当てられたパーツの中で3割程度の体毛にしか効果がないです。

 

 

施術回数と毛周期の関り

今度記述するのは、何回施術に通えば全身の体毛に効果を発揮するのかということについてです。

 

毛の周期が変化するのは2カ月と一般的にいわれます。

 

このため2カ月以内にサロンに行っても効果的でないのです。

 

毛のすべてにレーザーを当てるには6回は少なくても行く必要があります。

 

多くのサロンではこのようなわけでコースとして6回の施術をしています。

 

2カ月間隔で施術してもらうと1年必要になります。

 

光を6回当てると毛は半分に減ります。

 

ということは6回通っても毛は半分残るんです。

 

全身の脱毛を完全に終わらせるには12度もレーザー照射をする必要があります。

 

これは期間にして2年かかることになります。

 

長く感じて嫌になるかもしれませんが2年通えばあとはムダ毛に悩まされないお肌に。

 

全身の毛を処理したい方は脱毛サロンでカウンセリングを受けて最低10回は通うようにしましょう。

 

 

お店選びで変わる?通う回数

また気をつけてほしいのはサロンによって施術の回数が異なるということ。

 

身体の体毛を脱毛して1回で全身に光を当てられるのか、

 

何回もレーザーを当てる必要があるのか差が出てくるのです。

 

ここでは、実際のサロンをいくつか例にとってご説明します。

 

 

45分でOK!シースリー

1回でシースリーは光照射を全身にしてもらえます。

 

シースリーは日本の女性のためにつくられた最新の超光速脱毛器を導入しており、そのため全身脱毛が終了まで45分。

 

これは一般的な全身脱毛の4倍ものスピードといえます。

 

45分しかいらないならお出かけついでの空いた時間に通うことができます。

 

他のお店なら3?4回に分けて行う全身の照射が1回で済むなんて、何度も行くのが面倒ということもありません。

 

最新の機械ならあんまり痛みも感じないようです。

 

速くって痛みも感じにくいお店を探してるのなら、シースリーがベストだと思いますよ。

 

さらにこのお店は保証も永久。

 

他のサロンだと毛が生えてきたら再度料金を支払って脱毛してもらいます。

 

でもシースリーなら、契約満了後も無料でOK.万一体毛が生えてきても

 

シースリーならお金を使わずにすべすべに脱毛してくれます。

 

シースリーは高級ホテルをコンセプトとしており、店内はゴージャス。

 

お客様ごとに施術室があり、隣の部屋に話し声が聞こえる心配もありません。

 

他のサロンの2倍の施術室に専用のドレッサーもついているんです。

 

こんなとこでなら日常生活を忘れてゆっくりとできます!保証が充実しているこの店舗なら、1年で6回施術してくれます。

 

 

銀座カラー

ここで紹介するのはKis-My-Ft2の藤ヶ谷くんがCMしている老舗の銀座カラーです。

 

ここではシースリーと同じように、1回で全身の脱毛ができ、1年で脱毛できる最大の数の1年で6回の脱毛ができます。

 

この店舗では最新鋭のIPL脱毛器が使われていて60分で完了します。

 

痛みもほとんどないんです。

 

さらに特徴としてオプションで保湿ケアも受けられます。

 

ヒアルロン酸などの6種の美容成分が混合されたミストシャワーを使用することで

 

お肌を潤してくれるだけじゃなくて心も平穏にしてくれます。

 

お肌の調子を脱毛サロンで整えちゃえるなんてとてもお得。

 

このミストはオプションだけど銀座カラーがいいという人はトライしてみてください。

 

この上銀座カラーですと、その日の予約もできます。

 

突然スケジュールがあいて時間ができた時に行けるのもいいですね、

 

銀座カラーは14ものお店を2016年度にオープンしていて現在楽天リサーチの調査で一番予約しやすい脱毛サロンとなっています。

 

ここでなら行きたかったけど…なんてことにはなりません。

 

 

お肌も引き締めてきれいに!キレイモ

次にご紹介する脱毛サロンは板野友美さんがCM出演しているキレイモです。

 

実はこの脱毛サロン水沢アリーさんなどのたくさんのブロガーからも注目されています。

 

流行に敏感な芸能人が気にしているサロン。

 

行きたい人もいるのでは。

 

この店舗では全身を上下に分けて脱毛してくれます。

 

だから施術は2カ月だけ。

 

ふつうなら全身を4つに分けて施術していくけど、キレイモでしたらその半分の期間で施術が完了します。

 

銀座カラーやシースリーとおなじように年間で12回のサロン予約、全身を6回施術してもらうことができます。

 

さらにキレイモではスリムアップ脱毛をしてくれます。

 

施術後に塗ってもらうローションは植物エキスなどが配合されていてお肌を引き締めることができるそうです。

 

脱毛だけではなくて、肌をスリムアップしてくれるなんてかなりうれしいですね。

 

特別なお出かけの前に行って綺麗にしたいですね。

 

いかがでしたか?

 

シースリーや銀座カラーでは全身を1度で終了できますが最後のひとつは2回の施術が必要です。

 

ここで紹介した脱毛サロンは比較的まとめて施術を行なってもらえるサロンばかり。

 

この3つのサロン以外だと施術が8回に及ぶところもあります。

 

そのような脱毛サロンだと脱毛が終わるまで何度も行かなくてはいけません。

 

 

特徴を知ってお店選びを

脱毛が1度で完了しないわけ、了解してもらえましたか。

 

毛と体の構造の関係で1回の施術だけでツルツルの肌になることはできず、

 

少なくても6度はサロンに通うことが求められます。

 

このページで説明したお店の他にも脱毛サロンはたくさんあります。

 

脱毛完了までの回数もお店ごとに全然違います。

 

最初の無料の相談の時に、相談するのも大切です。

 

悩んでいる人もビューティーなお肌を自分のものにしましょう!

関連ページ

カミソリは肌荒れする!メンズ脱毛に行こう
カミソリでのムダ毛処理は肌荒れする可能性が非常に高いです。最近では男性もメンズ脱毛を利用する方が急増しています。男性もヒゲであったり眉毛であったりと日々面倒どうなムダ毛処理に追われています。この機会に是非メンズ脱毛を利用しましょう。
「毛の構造とは?」脱毛前の入門知識
「毛の構造とは?」脱毛前の入門知識!この毛の構造を脱毛サロンに行く前に知っておく事がとても大切です。毛の構造と言っても色々あり、毛根部・毛が生えるメカニズム・成長スピード・毛周期と非常に奥が深いのです。毛の構造を理解することで、サロンでの施術やカウンセリング時に役立つので参考にしてください。
サロンは自分で脱毛するより断然効果的
サロンは自分で脱毛するより断然効果的!最近流行りの脱毛、費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いのです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど脱毛サロンは自分で処理するより断然にメリットが高いです。脱毛をお考えの方は是非参考にしてください。